ページタイトルイメージ

ホーム > イベント一覧 > イベント案内

イベント案内-Lupintic Jazz Night(大野雄二&ルパンティック・ファイヴ)

公演日
平成27年12月19日(土)
時間
開演18:30、開場18:00
場所
大ホール
チケット料金
全席指定
○大人3,000円/小中高生1,500円
チケット発売日
10月10日(土)午前10時~
※電話予約は午後1時から。
プレイガイド
(花巻市:0198)
・文化会館 24-6511、 なはんプラザ 22-4412
・正時堂 23-3144
・イトウセイ 23-3027
・大迫いせかん 48-3435
・砂田屋石鳥谷店 45-3601
・道の駅とうわ 42-3006
(北上市:0197)
・さくらホール 61-3300
・江釣子SCパル 65-2511
(盛岡市:019)
・岩手県民会館 624-1171
主催
花巻市
共催
公式サイト
託児サービス
幼児をお連れの方のための託児サービス(2才以上)があります。ご希望の方は、花巻市文化会館(TEL0198-24-6511)へお申し込みください。

「ルパン三世のテーマ」の生みの親、大野雄二が凄腕ジャズメンと共にお送りするホットでクールなジャズライブ

「ルパン三世のテーマ」からスタンダード&ソウルナンバーまで、極上のアレンジで聴かせる迫力のパフォーマンス!最強メンバーが成しえる究極のホールジャズ!

≪メンバー≫
◆Piano/大野雄二(おおのゆうじ)

 静岡県熱海市出身。小学校でピアノを始め、高校時代にジャズを独学で学ぶ。慶応大学在学中にライト・ミュージック・ソサエティに在籍。藤家虹二クインテッドでJAZZピアニストとして活動を始める。その後、白木秀雄クインテッドを経て、自らのトリオを結成。解散後は、作曲家として膨大な数のCM音楽制作の他、「犬上家の一族」「人間の証明」などの映画やテレビの音楽も手掛け、数多くの名曲を生み出している。リリシズムにあふれた、スケールの大きな独特のサウンドは、日本のフュージョン全盛の先駆けとなった。その代表作「ルパン三世」「大追跡」のサウンド・トラックは、70年代後半の大きな話題をさらった。近年は毎年放映されている「ルパン三世テレビスペシャル」、現在放送中のNHKテレビ「小さな旅」などの作曲活動のほか、自身のトリオに加え、セクステット編成のYuji Ohno & Lupintic Fiveを結成、再びプレイヤーとして都内ジャズクラブから全国ホール、野外ロックフェスまで積極的にライブ活動をしている。2015年10月に日本テレビ、読売テレビほかで放送される「ルパン三世」新テレビシリーズの音楽を担当するなど、その勢いは止まらない!

◆Bass/井上陽介(いのうえようすけ)

 大阪音楽大学作曲科卒。91年よりニューヨークを拠点に活動。97年には初リーダーアルバム「スピークアップ」をリリース。在米中、数々のグループでレコーディングやライブハウスやヨーロッパツアーでの演奏など国際的に活動。2004年には活動の拠点を日本に移す。2009年、6枚目のリーダー作となる「LIFE」がリリースされる。2007年度から3年間連続スイングジャーナルの人気投票では1位など常に上位にランクされる。現在、自己のグループのほかでも、レギュラーメンバーとして数々のセッションに参加し日本のみならず海外でも精力的に活動。

◆Drums/江藤良人(えとうよしひと)

 三重県鈴鹿市出身。10歳からドラムを始める。94年からプロ活動を開始。02年、初リーダー作「ANIMALHOUS」をリリース。現在は事故のグループ”Funk Jones”の他、Yuji Ohno & Lupintic Five、竹内直(ts)カルテット、石井彰(p)トリオに参加、様々なセッションで活動中。11年3月、3作目「Three-Act Play」をリリース。柔らかくしなやかなシンバルレガート、繊細さとパワフルさ兼ね備えたドラムプレイが特徴。07年からは大野雄二トリオでもプレイしており、大野が絶大の信頼を置くドラマー。

◆Trumpet/松島啓之(まつしまけいじ)

 中学時代にブラスバンドでトランペットを始め、その頃よりジャズに目覚める。高校卒業後、88年~91年までの2年半、バークリー音楽院に留学。最近ではカルロス菅野率いるラテン・ジャズ・ビッグ・バンド「熱帯JAZZ楽団」にも参加し、JAZZのみならず幅広いジャンルの音楽ファンに指示されている。95年に初のリーダー作「サムシング・ライク・ジス」を発表。97年3月には、初のワン・ホーン・アルバム「ソング・イズ・ユー」を発表し、ジャズ界のみならず、各方面で大きな話題となり、その人気を確固たるものにした。

◆Sax/鈴木央紹(すずきひさつぐ)

 大阪府出身。サックス奏者である父親の影響を受け4歳よりピアノ、作曲を始め、10歳よりサックスを始める。ジャズを独学で始め、16歳の時より演奏活動を開始、17歳の時、AXIA賞Instrumental部門Grand Prixを受賞。大阪音楽大学音楽学部サックス科卒業。現在、自己のリーダーカルテットの他、数々のセッション、レコーディング、サポート等、ジャンルを超えた演奏活動を行うほか、CDプロデュースワーク、アレンジ等も高い評価を受けるなど、幅広く活躍中。09年、大野雄二プロデュースによるメジャーデビューアルバム「Passage of Day」をリリース。
http://www.hisax.net/

◆Guitar/和泉聡志(いずみさとし)

 千葉県出身。このバンドでは唯一、ROCKからの派生。「それがこのバンドのカラーリングに欠かせないものになっている」とは大野談。高校在学中より演奏活動を開始。現場での対応力、そのスキルの高さから、浅川マキ、Kankawa122、FAYRAY等のバンド、ジャンルを問わず無数のセッションワークを経てこのLUPINTIC5に参加。現在は自身のギター&ヴォーカルによるSOLO、窪田春男とのGuitarDuo等をはじめ、海外ミュージシャンとの共演も多い。Yuji Ohno & Lupintic Fiveのライブでの絶妙でビミョーな支会/MCも人気の若手個性派。